私たちの考え方

秀峰会の八精神

イメージ写真 イメージ写真 イメージ写真

一、医療報国の精神
当院綱領に示す処にて我等医療人たるものは、本精神を第一義とすべし

一、公明正大の精神
公明正大は人間処生の大本にして、如何に学識才能を有するも
此の精神無きものは以って範とするに足らず

一、和親一致の精神
個々に如何なる優秀な人材を集めるも、和親一致の精神に欠ければ所詮、
烏合の衆にして何等力無し

一、力闘向上の精神
我等使命の達成には、徹底的力闘こそ唯一の要諦にして、
真の平和も向上もこの精神無ければ得難し
勤勉は生きる道にして、怠惰は死の道なり

一、礼節謙譲の精神
人にして礼節を紊(みだ)り、謙譲の心無くんば、社会の秩序は整わず、
正しき礼儀と謙譲の徳のある処、社会を情操的に美化せしめ、
以って潤いのある人生を見出し得るものなり

一、率直反省の精神
絶えず反省の念を忘れず、自然の理に従い素直に見つめ、
物事の実相をつかむ事が我等を正しく、強く、聡明にし、
我等が自ずから生かされることなり

一、感謝報恩の精神
感謝報恩の念は、我等に無限の悦びと活力を与え、如何なる艱難をも克服し、
真の幸福を招来するものなり

一、平等の精神
平等とは、独自の特質が誰にも同じように与えられているという意味で平等であり、
与えられている特質が皆同じという意味ではない
このことを自覚することが、人を活かす組織の目的なり