医療法人 秀峰会
医療法人秀峰会 > 南面は生まれ変わります
南面は生まれ変わります

介護老人保健施設「南面」は近々中に生まれ変わるために模索しています。

●熟成者も、介護者も、ハッピーであるために

今までの介護施設の考え方とは全く異なり、南面で一番重要な職種は「介護士」です。
南面では医師や看護師、作業療法士・理学療法士・相談員・栄養士や調理師・事務職などの他スタッフはすべて介護の人たちの仕事をし易くするために存在しています。
南面は、全く新たなコンセプトをもつ老健へと生まれ変わります。
介護をする人の思いが〈楽しく〉なる施設をつくります。
南面は‶世界一流の施設になる″ことが目標です。

●スウェーデンで実感した「誇りと尊厳」

スウェーデンで実感した「誇りと尊厳」
私たちがスウェーデンから学んだ最大のキーワードは「誇りと尊厳」でした。
現地では「自己決定権」と「自己責任」そして「ゆったり」を重んじた介護が展開されていました。
スウェーデンの国でできるなら、私たち秀峰会にもできないはずはないと、従来の秀峰会の考え方(親孝行の代わり)を根本から見つめ直しています。理念や信条、仕事で大事にすべきこと、各職種の役割、役職者の役割、介護チームなど、今、秀峰会では万般ばんぱんにわたり見直し作業を進めています。
もちろん、従来どおり「人間力」を身につけるための教育を推し進め、さらには現場教育の目的を明確に、シンプルに、ご家族の理解と協力を得て、近年中に「ここなら安心」できる南面をつくり上げます。