医療法人 秀峰会
医療法人秀峰会 > 主要施設 > 精神科デイナイトケアセンター 生徳

精神科デイナイトケアセンター 生徳 [ せいとく/ Seitoku ]

メンバーの方の本格的雇用の実現を目指して合言葉は One for All All for One
(メンバーは他者のために 全スタッフは一人のメンバーのために)

とかく籠りがちな社会の厳しい目のためか、働いていないという負い目のためか、病状のためか、精神科の患者さまは籠りがちです。
生徳のメンバーの方々が少しでも明るく、元気に、真っすぐに、健やかに、そして自信を持っていただくために、さまざまなプログラムや試みが、ここ生徳にはあります。

●生徳の最大の特長は〝綺麗″です

スタッフが毎日、生徳を〝綺麗″にしています。
秀峰会ではすべての施設が整理・整頓・清掃・清潔・挨拶など「凡事徹底」を実践しています。凡事徹底とは〝何でもないような当たり前のことを徹底的に行う″ということです。
なかでも、ここ生徳は「凡事徹底」をとても大事にしています。
生徳のメンバーの方に喜んでいただけるよう、少しでも良い気持ちになっていただくために、生徳を〝綺麗″にして、スタッフの気持ち「心からの歓迎」を表しています。

●「越谷景観賞」受賞しました

ハード面の特長は、まず森の中に佇み、地域に完全に溶け込んだその外観です。さらに内観は明るく開放的で、笑顔にあふれた素晴らしい空間となっています。
ちなみに、生徳は地域の方に推薦されて「越谷景観賞」をいただきました。

●患者さまの持ち味(長所)を活かすことを全力で実現、秀峰会 社会復帰メンバーが日本の国を応援します。
一つ、日本の人手不足のために
一つ、日本の社会保障財源不足のために
一つ、日本の高齢化社会を支えるために
そして最後は、日本の精神障害者のイメージを全面的に変えようとがんばっています。
できたら世界中の精神障害者に朗報をもたらします。

●社会を支える大きな一員として活躍し、喜び・幸せを感じられる機会の実現。

●日本の人手不足、介護士不足への究極の対応策。

●日本の社会保障費節約のために(日本の国家財政破綻を防ぐために)。

●「南面」の利用者・メンバーとそのご家族の笑顔のために。

●精神障害者の本当の雇用の実現

生活のリズム安定から就労や復職に向けての専門家の多職種チーム(精神科指定医・精神科専門看護師・ケースワーカー・作業療法士・心理士・音楽療法士・事務職・多彩なボランティア等)が、一緒に工夫します。
どのようにしたら社会復帰が、復職が、就労ができるかをメンバーとともに考えます。ともにプログラムでスキルアップしていきます
地域に溶け込み、地域の方々と一緒に歩んでいます。多彩なプログラムがあります。

●介護士不足への対応

⇒日本の労働力、特に介護力不足の解消を目指し、日本の社会福祉財源の低減化を実現するために。何よりも、精神障害者の生き生きした人生のために。
(他人に頼らずに、生きがいを持って生きていくため)

●日本で現在および近い将来の大きな社会問題は、介護現場における人手不足――そういうフォローの風に乗ってしまうのです。真面目で几帳面、マニュアル通りこなそうとする愚直さ、感謝されるだけで喜びを感じられる繊細で優しい心の持ち主である患者さまに、担い手になっていただくのです。
武骨で、少々人間関係は苦手でも、ちょっとしたことに傷つくこともありますが、根はとても真面目。少しずつですが進歩しながら現場で働くということをしてもらっています。きっと、あと数年後には大きな力を発揮できるようになっていると思います。

●日本の財政問題の中で特に問題となるのは膨れ上がるばかりの社会福祉財源です。精神障害者の方々が介護で就労できるようになったならば、その問題の大きな解決策にもつながる吉報です。

●南面入所者の方々に喜んでいただくために

精神障害者の方々のボランティア活動として、「肩たたき」や「足浴」をやってもらっています。熟成者の方々の笑顔と感謝の言葉がなによりもの喜びと力になります。

●精神障害者の悪いイメージ払拭のために

介護現場で働くこと、熟成者と接することで、精神障害者メンバーの人たちが生き生きとしてきています。「人の役に立つ」ということの実感が、素晴らしい人生の充実感につながって健康な心を取り戻す、まるで道しるべのようになっています。
熟成者とメンバーが一緒の平面(フロアであり立場、状況)に存在できている光景が何より素晴らしく、それを眺めた人々の誰もが感動を覚えるのです。

●50種類のプログラムを用意しています

楽しいものから夢中になれるもの、成長できるもの。ヨガ、散歩など体力増強やダイエット、さらに英語や音楽教室、ピアノ、卓球、麻雀等々です。
ここには50種類のプログラムがあり、その中から一人ひとりに合ったプログラムを見つけだしていきます。メンバーが自分で選択し、成長して、少しでも充実した時間を過ごしていただきたいと思っています。

生徳からは既に近くの老人保健施設「南面」の介護の一端を、通所するメンバーの方が実現しています。
熟成者の笑顔と感謝の言葉から、生きる喜び、働く充実感、目標をたてて過ごす生活を、実現しています。

生徳メンバーの最終目標は「就労」「社会復帰」です。