|
voice_top_image

voice_h1

個人のもつ能力と志が大きな力に!ひとりひとりが秀峰会を支えるメンバーです。

医療法人秀峰会の自慢のひとつにチームワークのよさがあります。さまざまな職種のスタッフがそれぞれプロフェッショナルとして力を発揮し、協力しながら、日本一の医療サービスをつくっています。


スタッフ写真

※写真とメッセージの内容は一致しません。




者さまの笑顔が、自分の喜びや達成感につながる。

看護師 S・Hさん(北辰・急性期フロア)

新卒で秀峰会に看護師として入職し、現在「北辰」の急性期フロアに配属されています。秀峰会のよい点は頼りになる先輩が多く、しかも新人教育をしっかりとしてくれることです。
そもそも看護師という職業を選んだのは、患者さまをケアするいちばん身近な存在でありたいと考えたからですが、とくに精神科においては患者さまとの信頼関係がケアの基礎だと学び、ますますやりがいを感じています。何でも先輩に相談し、そのやり方を学び……そして患者さまとうまくコミュニケーションがとれて距離が縮まったとき、患者さまに笑顔が出たときの嬉しさは格別です。また、急性期フロアは早期退院を目指す病棟ですから、患者さまが回復して早期に退院していく姿を見られることも、看護師としての達成感につながっています。
いずれ、私も先輩たちのように情報収集・アセスメント・計画・実施をすばやく的確に提供できる看護師となり、患者にもっと信頼されるようになることが今後の理想です。

↑ページトップへ
スタッフ写真



体が休まれば、心の内側から喜びが溢れてくることを実感!

看護師 K・Oさん(楽山・ヒーリングクラブフロア)

「楽山」に入る前は、別の病院で外科病棟と循環器病棟に勤務してきました。いつも時間に追われ、また外科などではどうしても、重傷度の高い患者さま順に優先的に関わることになります。数年の病棟経験を経て、あらためて看護師として、ひとりひとりの患者さまにしっかり向き合った看護をしたいと考え、「楽山」を選びました。
現在はヒーリングクラブフロアに所属していますが、秀峰会のよいところは何といっても「患者さまの立場に立った医療を提供していること」です。驚くほどていねいに、時間をかけて患者さまに対応しています。そのぶん職員は大変ですが、やりがいがあります。たとえば、入院時はどんよりとした表情だった患者さまが笑顔で退院されたとき、こちらも晴れ晴れとした気持ちになります。また、そうやって日々患者さまと接しながら、「身体が休まれば心の内側から喜びが溢れてくる」ことが真実であることも学んでいます。
最後にもうひとつ。秀峰会では職員同士が陰口を言わない、ことも実によいですね!

↑ページトップへ
スタッフ写真


者さまとのコミュニケーションのこつは、まずは話を聞くこと。

看護師 K・Kさん(北辰・急性期フロア )

茨城県出身、26歳の男性看護師です。ちなみに趣味は音楽を聴くことで、好きな食べ物は焼肉(笑)。看護師になったのは、人の役に立てる仕事をしたかったことと、祖父が入院したときにみた看護師の姿がカッコよかったからです。自分もあんなふうなプロになりたいと思いました。
「北辰」は新病院に生まれかわり、とてもきれいです。患者さまにとっても、スタッフにとっても環境がよく、働きやすい病院です。優しい先輩が多いので人間関係もよく、仕事がしやすいです。
患者さまとのコミュニケーションでひとつアドバイスするとしたら、まず相手の話をよく聞くこと、傾聴することが大切だと思います。それによって患者さまの不安が軽減され、ケアする側との信頼関係も生まれてきます。今後はさらにプロフェショナルな看護師を目指し、患者さまにより深く信頼される看護を実践していきたいと思っています。

↑ページトップへ
スタッフ写真


ろんな職種のスタッフとの情報交換が有益です。

看護師 K・Mさん(北辰・急性期フロア)

「北辰」の急性期フロアで働いています。先輩の皆さんがとても優しく、わからないことなども丁寧に教えてくれます。ほかの病棟(フロア)もよい人たちばかりです。月に1度開催される誕生会は、いつもの病棟とは違ういろんなスタッフと出会える、とてもよい機会です。
もちろん、大変なこともあります。たとえば、精神疾患をもつ患者さまとのコミュニケーションは、最初は難しかったし、わからないこともたくさんありました。でも、わからないことがたくさんあったからこそ、毎日の勤務のなかで小さな発見や知識を増やしていくことが楽しみになりました。さらに、看護師だけでなく、作業療法士やほかの職種のスタッフ間での情報交換が、看護するうえでとても大切であることにも気づかされました。
秀峰会に勤務してまだ1年足らずですが、これからも精神科特有の看護への理解をますます深めるとともに、患者さまへの思いやり、優しさを忘れることなく頑張っていきたいです。
また、楽しく仕事ができるようにスタッフ同士の関わりも大切にしていきたいと思います。

↑ページトップへ
スタッフ写真


上心と笑顔がいっぱいのあたたかい職場です。

看護師 Y・Aさん(楽山・リラクゼーションフロア)

応募のきっかけは、夫の転勤で当地へ引っ越してきたからです。自宅から自転車でも通えて、パート勤務もOKというあたりにまず惹かれました。実際に勤めてからは、さらにこの職場が気に入っています。まず職員間の疎通がよく、いじめがありません。どのスタッフも向上心と笑顔がいっぱいで、あたたかい職場です。しかも新しく綺麗な病院で、職員トイレまで贅沢な造り。職員食堂は美味しいうえに250円と格安です!
よく精神科は難しいというイメージを抱きがちですが、少なくとも秀峰会の場合は“喜びが多いところ”だと思います。「医療は最大のサービス業である」というポリシーのとおり、人の役に立っていると心から実感できるからこそ、その喜びも大きいのでしょう。また私の趣味は園芸なのですが、秀峰会はどの病院も四季折々の緑や花で溢れています。個人的には健康が続く限り、ここに勤め続けたいと思っております。
そして将来は、世界遺産を巡って……さらなる感動に浸りたいと夢みています。

↑ページトップへ
スタッフ写真


療施設だからこそ、心に響くインテリアを。

総務部・インテリア担当 Y・Kさん

10年前、私は「南面」の介護スタッフとして秀峰会の一員になりました。施設らしくない空間で熟成者(高齢者)おひとりおひとりを大人としてお迎えし、でもどこか家庭のようにあたたかい雰囲気をもつ南面――当時、その斬新なパンフレットを見たのがきっかけでした。
なにか心に響く、言わずともリラックスを与えられるのは、そっと生けられた花々であったり、季節が感じられる装飾や家具の素材、色、形。そして次第に、そのインテリアが熟成者にとっては、いろいろな“きっかけ”になっていることに気づきました。
5年半の介護経験を経て、現在は、かねてから興味もあったインテリアに重点をおいた仕事をしています。とくに「楽山」と「北辰」、「佳境」については、建設工事の開始からインテリア担当として携わってきました。家具調度のひとつひとつに深い思いがあります。
周りからは、「病院でインテリア担当?」とよく驚かれます。だからこそ私自身、どの病院より病院らしくない、施設らしくない施設にも変化し、違う環境を生み出す「インテリア」という可能性に奥深さを感じるのです。
患者さま、熟成者の笑顔の背景に見合う空間づくり、“きっかけ”づくりに、とてもやりがいを感じている毎日です。

↑ページトップへ
スタッフ写真


会人として学ぶべきことが数多く身に付きます。

医事統括部 M・Sさん(佳境3F)

医療事務は患者さまとの関わりがあり、なおかつ「医療は最大のサービス業」ということで、人の役に立てる仕事だと思い、この職種を選びました。また秀峰会は新病院になり、働く環境としても非常によいと思いました。
群馬県出身で、今は駅前にある寮から通っています。越谷は都心のどこへ行くにもアクセスがよく、とくに駅前は賑やかで買い物にも便利です。また、趣味として小学校から野球をやってきて、現在も地元の草野球クラブチームに所属し活躍中(!?)なので、私生活も充実しています。
秀峰会は病院だけでなく、社会復帰部門や老人介護施設など多数あるため、仕事の内容も非常に奥の深いものがあります。新卒で入ったので、はじめての社会人生活をここで始めたわけですが、たとえば言葉づかい(敬語・謙譲語)ひとつとっても、学んだことが数多くあります。患者さま、熟成者、そしてご家族や電話での対応など、言葉はどの場面でも非常に重要であり、たやすく使い分けられるものではありません。そういうことをひとつひとつ日々学んでいます。
ちなみに秀峰会では電子カルテを導入しており、すべての病院・施設に結ばれています。入ったばかりの頃は、使い方がわからず、また不具合が出たときは修正などに追われ苦労もありました。しかし、うまく対応できたときはものすごい達成感を味わいました。医療現場である以上、データひとつとっても患者さまの生命にかかわるものが含まれています。それを扱う人間の責任も重大です。もちろん、最初は上司や先輩たちがていねいに教えてくれますから大丈夫です。

↑ページトップへ
スタッフ写真


で一緒に考え、つくりあげる環境があります。

ケースワーカー Y・Nさん(楽山・ヒーリングクラブフロア)

ケースワーカーとして「楽山」で働いています。秀峰会が新たなチャレンジをしていることを知り、私もそこに参加し「挑戦したい」と思って入社しました。予想どおり、ここではすべてが初体験といっていいほど、何もかもが新鮮です。フロアごとにチーム医療を行なっているためドクターの考えを直接聞くことができ、他職種が一緒になって考え、対応する環境があります。また、新人に対しては先輩が的確なアドバイスや体験談をしてくれて、勉強になります。
今後はさらに知識を増やし、情報収集や言葉の選び方にも努め、ケースワーカーとして、仕事をするプロの人間として、自分自身にますます磨きをかけていきたいと思います。

↑ページトップへ
スタッフ写真


退院後も心の支えになるような作業療法をめざして

作業療法士 J・Oさん(北辰・準急性期フロア)

学生の頃から精神科に興味があり、秀峰会に入社しました。まだ「越谷吉伸病院」という旧称の時代で、青い建物の病院でした。ところが翌年には新病院の建設がはじまって仮設病棟になり、さらに今年は「北辰」という新しい病院に生まれ変わりました。どんどん病院が進化し、また、患者さまの様子も時代とともに変化しています。
作業療法士の仕事をしていますが、秀峰会の病院はフロア単位でチーム医療を実践しており、そのためさまざまな職種のスタッフと接することができます。作業療法場面での患者さまへのアプローチや個々の患者さまのプログラムの立案などもチームで考えています。おかげで患者さまのことも、より深く理解することができます。同時に、他職種のスタッフとの絆も生まれます。
自分の理想は、退院してからも患者さまの心の支えになれるような作業療法です。
最後にひと言。私が好きな食べ物はカレーですが、秀峰会の職員食堂のカレーはとても美味しいです!

↑ページトップへ
スタッフ写真


れまでの精神病院とは違う、新たな試みにあふれた病院です。

作業療法士 K・Mさん(楽山・ヒーリングクラブフロア)

私は大学卒業後、一旦就職したあとに作業療法士をめざして専門学校に入り直し、秀峰会に入職しました。秀峰会を選んだ理由ですが、精神科病院のなかでもここは急性期から回復期、維持期と、それぞれに対応した施設が充実している点がすごいと思いました。さらに心療内科病院(楽山)の開設や、人的・物理的に良好な環境づくりに力を入れていることにも非常に魅力を感じました。
まだ1年目ですが、ここは「物事を決めたら行動に取り掛かるのが早い」という印象を受けます。実行力があるところがいいと思います。また、「北辰」「楽山」はフロア制になっていて、職種間の情報交換がスムーズに行なえることも自慢のひとつです。
作業療法士としては、今は「うつ」に効果的なさまざまなリラクゼーション方法に取り組んでいます。患者さまひとりひとりに合わせた個別対応という難しさはありますが、非常に勉強になります。とくに「楽山」はこれまでの精神科病院とは大きく異なる、新たな試みにあふれた病院ですから、そこに勤務していることを誇りに思います。そして社会的にも現在、大きな問題になっている「うつ」への対応を学べることにやりがいを感じています。

↑ページトップへ
スタッフ写真


ればやるほど曖昧さが難しくもあり、奥の深い仕事が作業療法です。

作業療法士 A・Hさん(楽山・リラクゼーションフロア)

作業療法士という職業を選んだのは、長く続けられそうで、しかも“経験の生きる仕事”だと思ったからです。今度の4月で作業療法士3年目ですが、ちなみに最初の1年は身体障害者分野の作業療法に携っていました。
「楽山」の面白さはいろいろありますが、フロア制を採っていて職種ごとの隔たりがなく、皆がひとつの申し送り室を使っているということもそのひとつではないでしょうか。いろいろな職種のスタッフがいて病院はまわるのだ、ということを実感します。同時に、多角的に物事を捉える機会となり、学ぶことが多々あります。
秀峰会は患者さま第一の新しい医療に取り組んでおり、なかでも「楽山」は病院という枠を超えたサービスを提供する心療内科病院ですから、患者さまへの対応も前職時代とは違うデリケートな部分もあります。しかし、それも作業療法士という職業にとってはよい経験です。
作業療法は生活全般の援助という、いろいろと曖昧な部分も多い職業ですが、それがよさでもあります。その意味で、奥の深い仕事です。そして「生活するとはどういうことか?」ということを自分の中で言語化するためにも、もっと勉強したいと思っています。5年以内ぐらいには大学院に進学をして、修士号を取りたいと計画しています。

↑ページトップへ
スタッフ写真


分の気持ち次第でチャンスを掴かむことができる職場です!

精神保健福祉士 R・Iさん(楽山・リラクゼーションフロア)

精神保健福祉士になろうと思ったきっかけは、大学4年のときにある本を読み、精神障害者の社会的入院のことを知ったからです。その昔は非人道的な扱いを受けており、強い衝撃を受けました。それまで精神科は私にとって別世界でしたが、そのときから「この仕事がしたい!」と思いました。 秀峰会を選んだ理由は、今までの精神科病院とは違う取り組みをしていたからです。隔離室内にデイルームを設けるなど、つねにチャレンジする姿勢に感銘を受けました。
理事長(中村先生)がスタッフに対し意見を求めてくださり、そうした機会が数多くあり、あるいは逆にスタッフが理事長の考えを直接聞くことができる、というのも通常の病院では滅多にないことだと思います。したがって、自分の気持ち次第で仕事の幅を広げることもできます。ヤル気のある者にとっては大変やりがいがある職場です。私自身、今の職種にとらわれず、いろいろなものを見て、感じて、どんどん視野を広げていきたいと思っています。

↑ページトップへ
スタッフ写真


神科を「怖い」と思っているかたは、ぜひ実際に体験してみてください。

メンタルスタッフ H・Kさん(楽山・リラクゼーションフロア)

人の役に立つ仕事に携わりたいと思い、高校卒業後、メンタルスタッフとして「楽山」を希望しました。新人研修では社会人教育のほかに応急処置の仕方などもひと通り学び、医療現場で働くことの責任、そして生きるということの意味や命の大切さなどについて深く考えるようになりました。 メンタルスタッフになって本当によかったと感じるのは、患者さまが退院されるときです。「ありがとう」「皆さんのおかげでよくなりました」と言っていただくと、もっと頑張ろうという気になります。将来は、アロマテラピストを目指しています!
職場としての長所は人間関係のよさ、働きやすさです。精神科のイメージを「怖い」などと思っている人がおられるかと思いますが、ぜひ実際に体験してみてください。また、それでもまだ自信がもてないというかたは、心療内科病院「楽山」を希望してみてください。

↑ページトップへ
スタッフ写真


タッフ同士、助け合うことの大切さを学びました。

コンシェルジェ M・Iさん(楽山・コンシェルジェ課主任)

秀峰会に事務職として新卒で入り、現在5年目。現在、心療内科病院「楽山」でコンシェルジェ課の主任をしています。この1年は「病院らしくない病院、今までにない患者さまサービス」を目指して、患者さま主体の医療サービスの展開に皆で徹底的に取り組んできました。そういった意味で“普通の病院でない”ところは大変かもしれませんが、やりがいは充分です!
秀峰会に入って、「ひとりの力でできることには限りがあり、助け合うことが大切だ」ということを学びました。それが患者さまへのよりよいサービスの提供にもつながっています。患者さまが笑顔で退院する姿を見るときは、大きな喜びを感じますね。

↑ページトップへ
スタッフ写真


会人としての礼儀と作法がしっかり身につきます。

コンシェルジェ A・Tさん(楽山・コンシェルジェ)

秀峰会に入って学んだことは数多くありますが、なかでも社会人としての礼儀作法が身についてきたことは個人的にも大きな収穫です。また、さまざまな職種のかたとお話しができるので参考になり、知識も増えます。もともと医療機関や福祉施設で働くことに興味があり入社しましたが、秀峰会には医療分野を超えるやりがいと大きな可能性を感じています。
今はまず自分にできることを一生懸命やり、そして段々と周りの人に認められるようになりたいと思います。

↑ページトップへ
スタッフ写真


婚・出産で5年のブランクを経て秀峰会へ、働くママです。

コンシェルジェ K・Oさん(楽山・コンシェルジェ課)

楽山のコンシェルジェ課に勤務している、最年長のコンシェルジェです。実は、出産を機に家庭に入り5年のブランクがありました。しかし、久しぶりの社会復帰で不安がいっぱいだった私を秀峰会はちゃんと受け入れてくれました。託児施設(有教館)もあり、子育て中の人間に対する周囲の優しさを感じながら、責任ある仕事に誇りをもって取り組んでいます。
もちろん、大変なこともあります。たとえば、職員はエレベータではなく階段を使用するのが原則ですが、これが結構疲れます。しかし、理事長自らが階段で移動されているのに、若い私が弱音を吐いてはいられません!
コンシェルジェを名乗るにはまだまだ力不足を感じる日々ですが、「自分たちがこの仕事をつくりあげている」という喜びが大きい仕事です。と同時に、「仕事はあらゆる職種の連携で成り立っている」ことを日々実感させてくれる仕事でもあります。
最後に人生の先輩として、ひとこと。結婚と同じで、何もかも不満がひとつも無い職場はありません。まずはやってみることが大切なのではないでしょうか?

↑ページトップへ
スタッフ写真


ろいろある世界だからこそ、プロにとっては手応えも充分です!

介護スタッフ M・Yさん(南面・痴呆病棟)

秀峰会に入社して6年目です。「南面」との最初の出会いは、実は専門学校の実習という形でした。そして、そのとき最初に思ったことは、「ここで少しでも多くのことを学び、実習先(南面)にも、そして私を送り出した学校にも迷惑をかけないようにしよう」ということでした。
ところが、南面でスタッフの人間性や、仕事に対する前向きな姿勢に接していくうちに、「これがプロというものか」とすっかり感心してしまいました。さらに、誰に迷惑をかけないのか、私は誰を相手に仕事をするのか――そうしたことをあらためて実感し、考えさせられました。
ぜひ「南面」で働きたいと思うようになり、入社に至りました。
1年目は仕事を覚えることに必死でした。2年目になると周りが少し見えるようになり、自分自身の目標、改善点、より伸ばしていくべきセールスポイントが次第にわかってくるようになりました。そうなると今まではただ大変だ、忙しいと感じていた気持ちが、次第に「楽しくなってくる」から不思議です。今まで自分が行なってきたことが、熟成者の笑顔、優しい言葉、状態の向上となって、手応えとして伝わってきます。そして、これが次の仕事の励みにつながります。
最後に、どうしてもお話したいエピソードがひとつあります。
あるとき、私生活でとても落ち込むことがありました。そんな折、熟成者に声をかけられました。
「あんたは頑張っている。私もみんなも、よく知っている。だから自分に負けないでしっかり生きなさい、大丈夫だから…」。そう言いながら、私の背中を撫でてくれました。
そのかたは、認知症がだいぶ進んでいて、普段はそんな会話はしたことがありません。
でも確かに、このかたの言葉で、私は救われた、と思いました。
同時に、「認知症のかたは他の人の気分が感じ取れるのだろうか?」という疑問も湧いてきて、認知症に一段と興味を覚えました。
本当にいろいろなことが起こる世界ですが、やりがいはとてもあると実感しています。

↑ページトップへ
スタッフ写真


は激安!独り暮らしを支えてくれる仲間や先輩にも恵まれています。

介護スタッフ K・Mさん(南面)

私は幼い頃から両親が共働きだったため、ほとんどの時間を祖父や祖母と一緒にすごしてきました。また、両親は教育に厳しかったですが、祖父母はとても優しくしてくれて、私はそんな祖父母が大好きでした。「いつか介護が必要となったときには自分が役に立ちたい…」と思うようになり、この仕事を選びました。 福島県出身、今は職場の近くにある寮に住んでいます。ベッドとクローゼット、冷蔵庫が完備で、6畳にキッチンとバス・トイレ付で家賃はたったの5000円です。高校を卒業後、はじめて親元を離れての生活ですが、職場に若いスタッフが大勢いるせいか、あまり寂しさは感じません。というより、独り暮らしの私を支えてくれる仲間や先輩がたくさんいます。皆さん、心のあたたかい人ばかりです。
仕事では、熟成者の“命を預かる“立場として、責任の重さを感じています。また熟成者は人によってさまざまで、なかには噛み付いたり叩いたり、強い口調のかたもいますが、その一方で笑顔を見せてくれたり、逆にこちらが励まされることも少なくありません。とてもやりがいのある仕事です。 今後は、熟成者の小さな変化も見逃さず、そして結果を急がず、焦らず、相手が納得いくまで対応できるようになりたいと思っています。

↑ページトップへ
スタッフ写真


|