|
rec_top_image

rec_h1

私たちは、日本の精神科医療の根本をかえる病院を目指しています。

2006(H18)年の春、日本初の心療内科・メンタルヘルス専門の病院「楽山」と、バックべッドをもたない精神科急性期病院「北辰」のふたつの病院が新たに竣工いたしました。
さらに重度認知症に特化した新しいデイケア施設「佳境」も同時に竣工いたしました。
これによって秀峰会は、法人全体で13の病院・施設を擁する組織となりました。
私たちと一緒に“新しい医療をつくる仲間”を幅広く募集しています。ぜひ、ご連絡ください。




↑ページトップへ

人事担当からのメッセージ

医療法人秀峰会 冨張・村田


大学、専門学校、高等学校の就職ご担当者にはいつも大変お世話になり、誠にありがとうございます。

私たちが理想としている病院は、単に病気の症状をとりのぞく場としてではなく、それは、たとえば“あたたかい雰囲気を持つもうひとつの家庭”であり、あるいは“心を解放させるための隠れ家”のようなものでもあると考えています。
そのためのひとつの工夫として、私たちの病院には敢えて“無駄な空間”がたくさんつくってあります。
高い天井、広いベッド間隔、広い廊下や病室を吹き抜ける風、そして医療スタッフと患者さまのコミュニケーションの場でもあるオープンカウンターのスタッフステーション等々……
そして、これらはいずれも、効率優先の病院には不可能なものばかりです。

病棟は、フロア制によるチーム医療を実践し、医師や看護師などのスタッフが互いに、情報を共有しながら患者さまに対応しています。フロアの中心にはつねにスタッフがおり、患者さまは必要なときに、いつでも声をかけることができます。
患者さまと医療スタッフ、あるいは職種の異なるスタッフ同士が互いに尊重し合い、信頼と安心感に満ちた医療活動を展開しています。

また、ここでは薬剤師もメインセラピストです。精神科の患者さま(ご家族)への服薬指導は治療の肝要であり、その方々の人生をも左右する大事なことです。その意味で、精神科において薬剤師は、ほかの科では味わうことができない“治療の鍵”となる資格であり、もっとも輝く存在ともいえます。
秀峰会では、医療分野で人間の感性を発揮できる魅力ある人材を多数募集しております。


↑ページトップへ

FAQ 多く寄せられるご質問

Q1 採用説明会・見学会等の予定はありますか?また、それに参加しなくても入社試験を受けることはできますか?

当ホームページ上で説明会や施設見学会のご案内を掲載させていただくこともございますが、少しでも秀峰会にご関心をお持ちでしたら、まず、お電話やメールなどで直接ご連絡ください。
ホームページ上に説明会や見学会のご案内が掲載されていない場合でも、施設見学につきましては、随時お受けしておりますので、お気軽にお申込みください。
また、入社試験につきましては、施設見学等への参加にかかわらず、ご応募いただけます。

›› お問合わせ

Q2 遠方からの就職者はいますか?

北海道から沖縄県まで日本全国、職員の出身地はさまざまです。

Q3 社宅や寮はありますか?

駐車場完備・個室の職員寮、社宅がございます。立地は病院至近、駅前など、タイプもさまざまです。

›› 福利厚生

Q4 中途採用はありますか?

中途採用も募集しております。せっかくのキャリアや資格を秀峰会でぜひ活かしてください。
また、お子さまがいらしても大丈夫です。ログハウスの事業所内託児施設・有教館がございます。
勤務日や勤務可能な時間帯などにつきましては、面接時にお申し出ください。

›› 有教館ホームページ http://www.geocities.jp/yukyokan

Q5 精神科にはまったく馴染みがありません。何か適性がありますか?

秀峰会が求める人材としての適性は必要です。たとえば、心のやさしいかた、明るくさわやかなかた、ものごとに前向きなかた、笑顔で人と接することができるかた、などです。ぜひ、自信をもってチャレンジしてください。
精神科医療については入職後、新人研修・院内研修等がございますので心配ありません。
秀峰会の財産は人材です。一流の社会人として、医療人として、ふさわしい教養を身につけていただきます。

›› 教育・研修

Q6 病棟勤務はどのようなスタイルですか?

楽山、北辰はフロア制によるチーム医療を実践しています。医師と看護師、他職種などが直接情報を交換するなど、フロア一体となって取り組んでいます。
患者さまひとりひとりに合わせた治療・看護・作業療法などを実現し、今までの精神科のイメージを根底からくつがえすような新しい病院です。

Q7 ユニフォーム(制服)はどのようなものですか?

各病院・施設ごとにそれぞれのユニフォーム、スタイルがございます。
たとえば、心療内科病院・楽山では“病院らしさ”をなくすことをコンセプトに、医師は白衣を着用しておりません。同じように、看護師も他のスタッフも職種にかかわらず、楽山専用のユニフォームを着用しています。

Q8 配属先の希望はかなうでしょうか?

職種にもよりますが、面接時にまずご希望をお伺いします。しかし、入職後の配属先は人柄・適性などを考慮しながら決めさせていただきますので、皆が希望どおりとなるわけではありません。
一方、入職後に自らが志願して新しい職種にチャレンジする先輩はたくさんいます。医療界は今どんどん変化しています。秀峰会はヤル気と情熱にあふれる職員からの提案を大歓迎しています。

Q9 聞くに聞けない……人間関係はどうでしょうか?

やさしい先輩ばかりです。また他職種間の交流も多く、人間関係はすこぶるよい職場だと自負しております。過去、職場内でのいじめが原因で辞めた者は一人もおりません。詳しくは…職員の生の声でご確認ください。

›› 先輩からのメッセージ

Q10 ここでの経験は、今後のキャリアアップにつながりますか?

秀峰会は「“患者さま”のための病院」としてだけでなく、「“ほかの医療機関”のための病院」という新たなネットワークを構築しております。東京、埼玉、千葉、神奈川などの数多くの医療機関と密接に連携しながら、患者さまを“最善の道で回復させる医療”に力を注いでいます。これほど多数の病院、クリニックとのネットワークの構築はたいへん珍しいことです。それだけ職員の世界も広がります。



↑ページトップへ
|